■ 「家の健康」について ■

 

■1■ 実は今の家は傷みやすく長持ちしない?

最近の住宅によく見られるのは、集製材を多用したり防腐処理を施した材料が使用されています。
防水の方法に関しても、壁の外壁面に直接湿気を防ぐフィルムを貼って水分そのものをシャットアウトしたりする工法が一般的です。

このような工法・建材が現在広く使用されるのは、施工性が良く工程が省けコストダウンできるだけで、必ずしも日本の環境に適し、高寿命だからというわけではありません。

実際、高温多湿の日本ではそのように作られた住宅の寿命は実際長くはないでしょう。本来、湿度の高い日本での住まいとして考えた場合、このような作りは不安が残るからです。
それは、防湿フィルムの施工が不十分であったり、経年劣化でフィルムが破損した場合、壁内に結露が生じてしまうからです。
悪い事に、このような工法は一度水分が壁内にたまると外に抜けにくい構造になっているため、それによって建材が痛んでしまう可能性があります。更に使用している建材も、水分に触れることを前提にしていない集成材(接着剤と材木を張り合わせたもの)などです。
また、防腐処理もシロアリ等の食害に完璧ではなく、使用している薬剤の安全性についても疑問が残ります。

だから長持ちするすまいとは一番確実なのはこの日本の風土に適した家作りがとても重要なのです。



←もどる わたしたちの家づくり                NEXT 家の健康 ■2■→